村井村

ARTICLE PAGE

16 2013

みくさんの

 和風なファンク目指そうとしたんですが、なんか別んところ着地した感じでした。
 動画も「和風ボカロ曲って言えば昭和前期だろ」みたいなアレがあったので、大正っぽい感じに。あとめっちゃ動きます。主に動画の右が(新しい機能見つけるととりあえずやたら試したがるマン)。

 歌詞はあれです。はいからさんが通るの紅緒が冬星さんに迫られつつも少尉に・・・・みたいなそういう。
 2番Aメロのは、斉藤緑雨の「鳥の血に悲しめど、魚の血に悲しまず。声あるものは幸いなり」を改変してどうこう。

 聞きどころは間奏のオルガンとかピアノがチャラいあたりです。
 ブッチキバッチキしたブレイクビーツ系のドラムもチャラい。

 オルガンVSTはOrganOne使ったんですが普通に欲しい音が出てくれる可愛い奴でした。



陽炎は独りで踊る (カラオケ) powered by ピアプロ
↑桶です。非マスタリング。なんかに使ってね。

0 Comments

Leave a comment